私が実践して導き出した子供の身長を伸ばす方法をご紹介

子供の身長を伸ばす方法はたった一つだけ

ドクターセノビルはなぜ推奨されるのか?

当サイトでは、子供の身長を伸ばすための栄養補助食品として、「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」「カラダアルファ」を特に推奨しています。

 

参照:子供の身長を伸ばす方法はたった一つだけ

 

今回は「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」について、なぜ良いのか具体的に書いてみますね。

 

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

セノビルはアルギニンに特化している

子供サプリを探していると、あらゆるところでドクターセノビルにたどり着いてしまうと思います。
なぜこんなにもセノビルは評価されているのでしょうか?

 

セノビルの特徴は何と言っても「アルギニン1日5000mg摂取」です。
他の商品はバランス型が多い中、かなり特化型の栄養補助食品と言えますね。

 

とは言え、カルシウムやビタミンDに特化しているなら分かりやすいですが、アルギニンに特化と言われても素人にはいまいちピンときません。

 

「いったいそれの何がすごいの?体にいいの?背が伸びるのにアルギニンってのが必要なの?あまり聞いたことないんだけど」

 

ってなところですよね。

現代科学は分からないことだらけ!?

これを説明するには、身長が伸びるメカニズムを理解しなくてはなりません。

 

と、その前に、あなたは指の関節などをポキポキ鳴らす癖はありますか?
暇なとき、ついついポキポキ鳴らしてしまいますよね。
私もよくやってしまいますし、腰の骨も気持ちよくてポキポキ鳴らしてしまいます。

 

実はこの関節ポキポキ、未だに科学的にメカニズムが分かっていないということをご存知でしょうか?

 

「え?骨がこすれて鳴ってるんじゃないの?」

 

そんなこと疑問に感じたことがない方もいると思いますが、実は分かっていないんです。
諸説あるんですが、決定的な学説はありません。

 

 

もう一つおまけの雑学として、「人間があくびをする理由」も分かっていません。
眠たい時や退屈なときにあくびが出ることは誰でも知っていますが、それがどんなメカニズムなのか、どんな意味があるのか分からないのです。

 

「一体何の話をしてるの?」と感じた方も多いと思いますが、私がここで言いたいことは、

 

「現代科学でも分からないことはたくさんある。というか、人間の体のメカニズムはまだまだ分からないことばかり」

 

ということです。

身長が伸びるメカニズムも完璧には分からない

我々は科学をちょっと過信しすぎていて、現代ではもうほとんどのことは解明されているような気がしています。
でも、実は意外と単純なことがまだ良く分かっていない、諸説分かれているなんてことがあるんです。

 

例えば、近年発表された権威のある論文で、「牛乳は体に悪い」という学説も生まれています。
「今更かよ!?」って感じですよね。
でも、こんなものなんですよ。

 

 

ようやく身長の話に戻りますが、ここまで説明しました通り身長が伸びるメカニズムも100%完璧なことは分かっていないんです。
基本的なメカニズムはほぼほぼ間違いないんですが、それに付随する部分はまだ完全解明とは言えません。

 

現在、基本的なメカニズムとして、「身長を伸ばすためには成長ホルモンを出来るだけ多く分泌させ、骨端線を刺激して骨を伸ばす」ということはほぼ間違いないと言えるでしょう。

 

成長ホルモンとは、脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されるホルモンのことです。
簡単に言えば人間の成長を促すために分泌されるホルモンですね。

 

骨端線とは、成長期の人間の骨の先端部分に見られる、骨の隙間のような部分です。
レントゲンで撮影すると見ることができます。
ここが骨の細胞を増殖させる場所、つまりは骨を伸ばす場所ですね。

 

この骨端線は成長期が終わると閉じてしまいますので、大人になるといくらどんな栄養を取っても成長ホルモンを分泌させても背が伸びないというわけです。
メカニズムとしては分かりやすくて納得感がありますねー。

成長ホルモン−アルギニン説は有力な説

ということは、身長を伸ばすためには骨端線が開いている成長期の間にいかに効率良く成長ホルモンを分泌させ、骨の細胞を増やしていく、つまりは骨を伸ばしていくかが勝負になります。

 

ようやく結論ですが、この成長ホルモン分泌のために口から摂取できる栄養素として一番重要なのがアルギニンというアミノ酸の一種だというのが現在最も有力な説なのです。
いやーアルギニンが出てくるまで説明長かった!

 

 

ドクターセノビルは、この「成長ホルモン−アルギニン説」に特化していて、純度の高いアルギニンをこれでもかと配合している特化型商品です。

 

1日のアルギニン摂取量5000mgは圧倒的。
これは他の子供栄養補助食品とは比べ物にならない数値ですね。

 

正直、他の商品はバランス型商品が多いのでそもそもアルギニンを含有していない商品が多く、アルギニンを含有していたとしてもセノビルの10分の1以下、下手すると何万分の1以下というレベルです。
ですので、「成長ホルモン−アルギニン説」に従って身長を伸ばそうという場合は、ドクターセノビル一択となります。
他にライバルとなる商品がない。

 

 

ちなみに、大人向けサプリでもアルギニン特化商品はあります。
なぜなら、筋肉の増強、肥大にも成長ホルモンは重要だからです。

 

ボディビルダーを目指すような体づくりのプロの方は皆さんアルギニンサプリを取っていますね。

 

その大人向けのアルギニンサプリの中で、高純度で人気の高い商品の1日のアルギニン摂取量が5000mgです。
セノビルと一緒。
つまり、ボディビルダーなどプロ向けの本格サプリと遜色ないレベルでアルギニン摂取が可能というわけですね。

 

補足としては、これ以上摂り過ぎてもあまり意味はないので、「どうしても身長を伸ばしたいから」と言って通常の2倍の量を飲んでも効果はありません。
むしろ5000mgは相当多いので、ペース配分しながら摂取してもいいくらいです。

飲みやすさも特徴の一つ

ドクターセノビルのもう一つの特徴は「飲みやすさ」ですね。
このサイトに何度も書いていますが、子供に栄養補助食品を与える場合、継続することが何より重要です。

 

子供は嫌なものは食べてくれない、飲んでくれないので、「飲みやすい」というのは非常にありがたいんですよね。
水に溶かして飲むタイプなので、タブレットタイプと違い年齢も気にする必要がありません。
続けるハードルが低くなります。
無理やり飲ませるなんて一週間が限度ですから。

 

 

特定の栄養素を摂取したからといって、身長が数ヶ月で急激に伸びるわけではないことは皆さんご存知でしょう。
もしもそんな伸び方をしたら、逆に骨密度はスカスカになって体に良くないですよね。

 

ですので、コツコツと継続していくことが大切です。
例えば、アルギニン摂取効果で身長が20%増しで伸びると考えた場合、1年で余分に伸ばせる身長はせいぜい1cm〜2cmです。
でも、これが成長期全体で考えると、平均的に40cm程度伸びると考えれば8cm余分に伸びることになります。

 

本来170cmになるはずだった人が178cmになると考えたらすごくないですか?
もちろんこれはあくまで理論上の計算ですけどね。
もっと伸びる人もいるだろうし、ほとんど効果がない人もいることでしょう。
どんな方法でも個人差はありますよね。

 

 

とは言え、あまり先々まで綿密に計画すると息苦しくなってくるのが人間です。
試してみなければ何も始まらないので、事前に考えすぎる癖のある方はエイヤーで始めることをオススメします。

 

これは勉強でも仕事でも何でも同じですよね。
走りながら考えることが重要なんです。
走る前にあれこれ考えてもあまり意味がなかったという経験を誰もが一度は経験していると思います。

 

60日間返金保証もありますので、まずは行動をしてみましょう。

 

 

▼▼ドクターセノビルの詳細、購入
Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

アルギニンが多く含まれる食品

ちなみに、できればアルギニンを通常の食事からも取りたいというあなたのために、アルギニン含有量が高い食品をご紹介しておきますね。

 

代表的なものは以下のとおりです。

 

  • 大豆(豆腐や納豆など。高野豆腐がオススメ)
  • ごま
  • ナッツ類全般
  • 鶏肉
  • 海老
  • マグロ

 

通常の食事の中でも摂取したほうがバランスは良くなりますので、成長期にはこれらの食品を多めに摂取できるように心がけてみてください。
通常の食事と栄養補助食品をうまく併用するのがコツですよ!

セノビルに副作用はあるの?

セノビルの副作用、つまりアルギニンの副作用を気にされる方も結構いらっしゃるそうです。
確かに、一つの栄養素に特化して大量摂取することに怖さを感じる人もいるでしょう。

 

結論としては、セノビルによるアルギニン摂取に深刻な副作用はありません。
ただ、用量はしっかりと守ってください。
「どうしても背を伸ばしたい」という想いのあまり本来以上のペースでセノビルを飲んでしまうと、胃痛や下痢になってしまう可能性があります。

 

どんな栄養素でも過剰摂取は良くありません。
体の中のバランスが崩れてしまいますので。

 

セノビルはそのバランスをしっかり考え、最も効果が高まりつつ副作用のない範囲で製造されています。
ですので、摂取の仕方を間違えないかぎりは副作用は気にしなくて大丈夫です。

 

何度も書いていますが体質の差、個人差はありますので、もしもお子さんが「胸が痛い」「お腹が痛い」と言っていたら一旦摂取をやめる、量を少くするのが良いと思います。

まとめ

身長を伸ばすための取り組みは長期戦です。
1ヶ月や2ヶ月で急激に伸びるような方法はありません。

 

すぐに効果が現れず挫けそうになりますが、子供のために長い目で見て取り組んでみてくださいね。
応援しています。

 

 

ドクターセノビル公式サイト

ホーム RSS購読